2011年5月7日土曜日

NEC Aterm WM3500R到着

結局悩んだ末、価格.comからSo-netのWiMAXを契約することに。13ヶ月使用すれば月額2700円程度で使える。

NEC Aterm WM3500R(工場出荷時のファーム)は、URoad7000よりも数段完成度が高く、非常に満足できる製品。
理由は以下の通り
・バッテリーの持ちがとても良いこと(公称値8時間)
・スイッチが大変押しやすい(URoad7000は硬くて小さいために非常に押しにくい)
・殆ど発熱しない。背面が若干暖まる程度。これなら夏でも大丈夫(URoad7000は発熱したカイロのように熱い。体感的には機器全体が40℃超えてると思う。夏場は絶対使えないw)
・PCには、無線LANを用いずにUSBで接続してWiMAX通信できる(URoad7000には未搭載)
・状態表示を確認するボタンを押さない限り、無駄なインジケータLEDは光らない省電力仕様(電源LEDは光る)
・落ち着いた外観
・接続の安定性が◎(URoad7000は△)
・安心のMade in Japan表示
・充電器がコンパクト
・見た目より軽く感じる。

現在公開されているWM3500Rファームウェア Ver2.0.0(2011/04/19)は、多数の尊い人柱の方々のBlogによると、どうやら不安定なバグを抱えているようなので、新たなVersionが発表されるまでは導入を控えようと思う。

0 件のコメント:

Instagram